FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
01.09
Thu



新年あけましておめでとうございます。
今年もTEDで覗く世界をよろしくお願いいたします。



さて、新年一発目のスピーカーは以前に取り上げたエリック・ブリニョルフソンと共著で『機械との競争』を出版しているアンドリュー・マカフィー。

ブリニョルフソンと同様、マカフィーも技術革新により我々の生活が豊かになる一方で、ロボットにより仕事が奪われ失業する時代に突入しつつあると警報を鳴らす。

マカフィーは技術革新が特に中間層の下位の仕事を奪い、彼らの生活の質が低下していると指摘し(そしてそれは、今やナレッジ・ワーカーのような中間層の上位にまで及んでいると感じられる)、NEW MACHINE AGEの到来に備え、以下のような準備が必要だと述べている。

まず短期的には、起業を促進することで雇用を創出し、教育システムによって適切なスキルを持った人材を育成することが必要だと説く。

ここで言う『適切なスキル』とは、もちろん優秀な事務員になるためのスキルなどではなく、コンピュータと共生できるスキルを指している。
例えばそれは、創造性や芸術性、イノベーションなどの当分はコンピュータによって代替されないと考えられるスキルだろう。センスと言ったほうが適切かもしれない。

さらに長期的にはGuaranteed Minimum Incomeのような所得保障制度に政府が介入することも必要だという。
所得保障制度の良し悪しについてここでは議論しないし、僕にはその見識も能力もないが、技術革新が指数関数的に進歩する中で、将来の予測はますます困難になってきていることは確かだ。
こういった状況の中では所得補償制度のようなある種のセーフティネットが好むと好まざるとに関わらず必要になってくることだろう。


優秀な事務員になるためのスキルだけを叩き込まれて大人になった僕たちが「センス」を磨くためには荒療治が必要なのかもしれない。
デザイン、芸術、歴史、物語についての基礎を学びながら、感性を刺激する物や生活スタイルの違う人に出会う場所に積極的に自分を置かなければならない。
数値、測定、論理、性能などから意識的に距離をとらなければならない。


最初は落ち着かないかもしれないが、「センス」を磨くことは必ずあなたのプラスになる。NEW MACHINE AGEは避けては通れないのだから。
新しい年に、新しい生き方を模索しよう。まずはこの週末に美術館にでも。


気まぐれ美術館 (新潮文庫)気まぐれ美術館 (新潮文庫)
(1996/09)
洲之内 徹

商品詳細を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。