FC2ブログ
03.20
Thu



朝8時1分、いつもの駅で電車を待つ。駅員の騒がしいアナウンスに導かれるように電車がホームへ滑り込む。

僕の前に4、5人。後ろにもおそらく4,5人。降りる人はいない。

車内はすでに人でいっぱいだ。わずかなスペースに靴を割り込ませる。と同時に後ろから激しく押される。
息を止め、なんとか乗車する。鞄がぐにゃりと曲がっている。
密閉された地下のホームに、発車のサイレンが鳴り響く。加速度で身体が傾き、あり得ない体勢で止まる。乗り換えまでは14分。

乗り換えの駅。電車の色が変わる。状況は変わらない。到着まではさらに15分。
通勤鞄は何年も変えていない。新しい鞄が醜く変形するかと思うと購買意欲も萎える。



今回のスピーカーは37シグナルズのファウンダー、ジェイソン・フリード。
2010年のこのスピーチでフリードは、マネージャーとミーティング(M&M's)がクリエイティブな仕事の邪魔をしていると指摘し、次の3つの提案をしている。

① 従業員に邪魔されることのない時間を提供すること
② メールなどの受動的なコミュニケーションを奨励すること
③ ミーティングをキャンセルすること


それから4年後の2014年、彼は新しい本を出版した。

その名も、『強いチームはオフィスを捨てる』。

彼は気づいたのだ。2010年の3つの提案はぬるすぎたと。こんな対処療法的なやり方では結局何も変わらないと。
そして、ITが十分に発達した今こそ、オフィスを捨てる時なのだと。


フリードは2010年のこのスピーチのずっと前から、会う人会う人に次の質問を投げかけていた。

「集中したいときに、あなたはどこで仕事をしますか?」

オフィスと答えた人はあまりに少なかった。いたとしても「休日の」オフィス、「早朝の」オフィスとカッコつきのオフィスだった。


オフィスの語源は、opus(仕事)+fice(する)と言われていて、つまり仕事をするところという意味らしい。
だけどオフィスは、クリエイティブな、集中してすべき仕事をする場所としての候補には挙げられなかった。
プリンターや高速無線LAN、仕事を完結させるのに十分な設備が備わっているにも関わらず、それらが無い自宅やカフェが選ばれた。

フリードはその原因をM&M'sにあるとみている。
オフィスをクリエイティブな仕事に適した場所にするための提案が上に挙げた3つだった。

でも、2010年の彼の提案にも関わらずオフィスからM&M'sによる邪魔がなくなることはなかった。


新しく出版した本の中で彼はリモートワーク、つまりオフィス以外で仕事をすることを奨励している。
リモートワークであれば、M&M'sの邪魔を最小限に抑えられるというのだ。

彼はこの本の中でリモートワークへの誤解や批判に対し、時には直球で、時には変化球で答えていく。

例えば、上司が見張っていないと部下は仕事をさぼるのではないかという批判にはこうだ。

『シンプルに考えよう。あなたが上司なら、信頼できない部下を雇わないほうがいい。あなたが部下なら、信頼してくれない上司のもとで働かないほうがいい。……
……もっと部下のことを信頼しよう。それが無理なら、別の人間を部下にしたほうがいい。』

僕ならダニエル・ピンクのこのスピーチを見よと言うだろう。


この他にもセキュリティや顧客対応、企業文化などリモートワークで失われると誤解されている諸々について、時には新たな視点で、時には具体的な対策を挙げ答えていく。
これらは彼のチームが実際に乗り越えてきた問題であり、本書にはそういった問題を乗り越える際に役に立つツールボックスも付録されている。

さらには、リモートワークの導入方法、リモートワークを導入した際の落とし穴(例えば、社員の運動不足など)、そして、人材採用や評価方法にまで言及されている。


さて、ツールは揃った。指南書もある。満員電車はもううんざりだろう?実は欲しい鞄があるんだ。

あなたのチームはそれでもオフィスが必要だろうか?





強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」
(2014/01/24)
ジェイソン・フリード、デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン 他

商品詳細を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



comment 0 trackback 0
back-to-top